10/30(土)国吉藝文祭 出店者紹介

皆さまへ

い鉄ブックスにご支援ご協力頂き誠にありがとうございます。

現在、私たちの想像を大幅に上回るたくさんの本をご寄贈頂いており、頂いた本の整理や寄贈者リストの更新作業に時間を要しております。ご返答やご返礼が遅くなっている場合があり、その際は誠に申し訳ございません。

順次、作業は進めておりますので、いましばらくお時間を頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

NEWS

いよいよ今週末になった国吉藝文祭。

古本屋さん以外にも今回特別出店してくださる皆さんをご紹介します。

あいこ農園

とれたて野菜と野菜を使ったソース、ドレッシング ・野菜作りをする姑とそれを売り歩く嫁。嫁姑の(たまにちぐはぐな)二人三脚でやっております。朝どれ新鮮野菜と自家製の加工品をお持ちします♪

結農園

創作和菓子 。いつもは大福メインですが、今回はいすみ産のもち米と結農園のうるち米を使った甘さ控えめの一口おはぎたちをお持ち致します!お楽しみに♪♪♪

今回、会場内での飲食はご遠慮頂いておりますので、どうぞ、お土産として楽しみくださいね。

お昼ごはんは、会場から徒歩でも行ける場所にパン屋さんがあるほか、車で10分ほどの場所で開催している、「ナカガワminiマルシェ」がおすすめです。

——————————————————————-

<国吉藝文祭 vol.01>


苅谷商店街周辺を拠点に活動するCOMMONS ISUMIの初のイベントです。-


<コンテンツ紹介>

・国吉古本市
いすみ鉄道と地域を応援する仕組みとして生まれたい鉄ブックスによる古本市。当日は、個性豊かな本屋さんにも多数参加いただきます。
い鉄ブックス:http://itetsubooks.club

・いすみ版ブーメランバッグ
マチノイトの企画。廃棄される布でエコバッグを作ります。それらのバッグが地域をめぐり、コミュニティが出来ていく。皆でいすみに合った仕組みを考えましょう。
マチノイト:https://www.facebook.com/machinoito

・土パネルワークショップ
いすみ古材研究所の企画。いすみの土を使ったパネル作りを行います(定員15名)。完成したパネルは苅谷商店街でのチャレンジショップに使用します。参加者には自身で塗った土コースターのお土産も。

参加ご希望の方は、以下のフォームにご記入の上申し込みください。定員になり次第締め切りとさせていただきます。(https://forms.gle/W4BTE5an9KtdSHLz7)

いすみ古材研究所:https://isumimateriallab.com


*当日は、「あいこ農園」さんと「結農園」さんに特別出店いただきます。野菜・和菓子の販売がありますので、こちらもお楽しみください!

*開催日が緊急事態宣言発令期間と重なった場合には、イベント内容が一部変更になる恐れがあります。予めご了承ください。

——————————————————————–

<国吉藝文祭とは>

「地域に既にあるものを活かすこと」をテーマに地域内外の人々が交流し、共に想像し創造する場です。例えば、古本、古材、着なくなった服、生産過程で出る廃材、空き家、商店街、お祭りなどの無形文化まで。文化・藝術の力で循環型のものづくり、持続可能な暮らしのあり方に関わる表現や実践に繋がる関係性を作っていきます。
——————————————————————–

<COMMONS ISUMIとは>

家に眠っているもの、捨てられてしまうものなど「既に在るもの」の価値を改めて考え、創造する。共通するテーマを持つ、いすみ古材研究所・い鉄ブックス・マチノイトの3団体が集い、いすみ鉄道国吉駅を中心とした苅谷商店街を舞台に、循環型ものづくり、持続可能な暮らしのあり方への探求が始まります。
——————————————————————–

◯会場内でのソーシャルディスタンスの確保にご協力ください。
◯当日、会場内でのお食事はできる限りご遠慮ください。お飲み物は飲んでいただいて構いません。
◯入り口付近に手指アルコール消毒液を設置しておりますので、手指消毒にご協力ください。
◯発熱や体調不良の際はご参加をお控えください。
◯会場に来る際はマスクの着用をお願い致します。
——————————————————————–

「国吉藝文祭 vol.01」
日 時:2021年10月30日(土) 
時 間:10時〜16時 
場 所:千葉県いすみ市刈谷278 (いすみ鉄道国吉駅 徒歩3分)
参加費:無料
駐車場:COMMONS ISUMI(10台)マチノイト(10台)

タイトルとURLをコピーしました