いすみ市「北土舎」様より本の寄贈を頂きました

NEWS
いすみ市北土舎

こんにちは、い鉄ブックス事務局です。

いすみ鉄道の大原駅から降りて歩くこと数分、大原商店街にある昔ながらの商店を改装したギャラリースペース「北土舎」さまより、本のご寄贈を頂きました!

北土舎(ほくとしゃ)基本情報

ギャラリー正面

〒298-0004
千葉県いすみ市大原8750
TEL:070-1390-3053
営業日 毎月1日〜15日営業。(開店時の営業時間は11:00〜16:00)

北土舎さんは、いすみ市の大原商店街の中にある築100年の町屋を改装して営業されているギャラリースペースです。もともとは足袋屋さんだったとのこと。建物に入ると、ふわっと歴史の香りのする温かい空間が広がっています。

ギャラリー館内

ギャラリーのコンセプトは「千葉の民芸、千葉の手しごと。」

北土舎さんのギャラリーの展示品の中心は千葉県で作られた工芸品、民芸品です。

千葉県の伝統的な産業も他の地域と同じように高齢化と後継者不足によってその伝統の灯が失われようとしていますが、そんな中で北土舎さんは作り手とギャラリーを訪れる人をつなげる挑戦を続けられています。単に商品を眺めるだけではなく、体験ワークショップやテーマのある展示会も積極的に企画されファンになる人を増やしておられます。

組子細工(購入もできます)
ギャラリーオーナーの松村さん

今回、北土舎のオーナーの松村さんより、260冊にも上る貴重な本の数々をご寄贈頂きました。

いすみ鉄道の始発駅である大原駅からすぐ近くの北土舎さん、い鉄ブックス関連のコラボイベントも今後企画していきたいといろいろお話しをさせていただきましたので、お楽しみに。

北土舎さん、い鉄ブックスへのご協力ありがとうございました!

「北土舎の縁起物展」開催中です!

1月17日(日)までの毎日、「北土舎の縁起物展」が開催されております。

北土舎の縁起物展(ウェブサイトより引用)

日本を含め、今世界中が混沌としています。先の見えない現代だからこそ見直したいのが「縁起物」。縁起物は、「良い事があるように」と願うための品物を指しますが、心の安らぎや頑張ろうと言った回復力をも持ち合わせた側面もあります。
家から出かけるとき、帰ったとき、縁起物を一目見て心を落ち着けると良いことがあるかもしてませんね。
北土舎では房総の縁起物について、玩具や額装を中心に小物等、その由来をご紹介しつつ品物の展示販売をします。皆様のご来場をお待ちしております。
2021年1月3日(日)~1月17日(日) 会期中無休 駐車場あり

展示会の様子についてはフェースブックページにたくさん掲載されているので、ぜひご覧になってみてください。

かわいらしいアイテムがたくさん載っていますよ。ぜひ展示会にも遊びに行ってみてくださいね。

北土舎さんのウェブサイト

北土舎さんのフェースブックページ

北土舎さんのインスタグラム

タイトルとURLをコピーしました