第1回 い鉄ブックス古本市 開催しました。

皆さまへ

い鉄ブックスにご支援ご協力頂き誠にありがとうございます。

現在、私たちの想像を大幅に上回るたくさんの本をご寄贈頂いており、頂いた本の整理や寄贈者リストの更新作業に時間を要しております。ご返答やご返礼が遅くなっている場合があり、その際は誠に申し訳ございません。

順次、作業は進めておりますので、いましばらくお時間を頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

NEWS

真夏のような暑さになった先日、第1回い鉄ブックス古本市を開催しました。

「いすみ鉄道と地域のために」と、寄贈された本がずらり並びましたよ!

今回は、文庫本以外にも、絵本や児童書もたくさんご用意。子どもむけコーナーをつくりました。

子どもたちが選んだ本をおすすめするコーナーもつくりました。 POPおもしろいものばかりで好評でしたよ。

い鉄ブックスの本だけではなく、個性豊かな本屋さんの棚もならび、にぎわいました。

本以外にもおいしいものもあったので、ゆっくりと本を見て、小腹を満たして、また本を見るという方も多くいました。

ゆるやかに規模的にもちょうどいいところで、入れ替わり立ち替わり、多くのお客様がきてくれました。

ずらり並んだ本をゆっくり見てまわる人もいっぱい。夢中になって絵本を読んでいる子どもたちも。

「いすみ鉄道と地域のために」と寄贈いただいが本が、この1日で、137冊も新しい持ち主さんのところへ旅立っていきました。

出店していただた本屋さんたちと合わせると1日で動いた本は、なんとその数200冊。

車で30分も走らないと大型店舗がない地域。1日で、こんなにも本が動くことは、この地域では本当に珍しいこと。こうやって本と触れ会える機会に喜んでいる方も多いようでした。

本の可能性と新しいマーケットの可能性を十分に感じられた今回。いろいろな可能性を探りながら、小さくとも、一歩ずつ、継続していきたいと思います。

それにしても、本がたくさんあるっていいよね。そんな事を改めて感じる1日でした。

タイトルとURLをコピーしました