いすみ鉄道国吉駅近くの苅谷商店街に事務局を開設しました

皆さまへ

い鉄ブックスにご支援ご協力頂き誠にありがとうございます。

現在、私たちの想像を大幅に上回るたくさんの本をご寄贈頂いており、頂いた本の整理や寄贈者リストの更新作業に時間を要しております。ご返答やご返礼が遅くなっている場合があり、その際は誠に申し訳ございません。

順次、作業は進めておりますので、いましばらくお時間を頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

NEWS

こんにちは、い鉄ブックス事務局です。

いすみ市に限らずいわゆる田舎の方では一般的なんですが、鉄道の線路が一本しか走っていません。いすみ市では、いすみ鉄道もJR外房線も一本しか線路が走っていません。

線路が一本なのは「単線」と言って、2本以上並列して走っている線路を「複線」というそうですが、都市部では電車が上りと下りと並列して走っているのが普通ですから、線路が一本しかないことに驚かれることがときたまあります(ちなみに他にも驚かれるポイントがたくさんありますよ(笑))。

それで、単線の鉄道にだってのぼりの列車とくだりの列車があるわけですから、そのままですとのぼりとくだりの列車が線路のどこかで鉢合わせて衝突するか進めなくなってしまいます。

そうならないように、いすみ鉄道の駅の所々が2本の線路になっています。

そのうちの一つの駅がいすみ鉄道の国吉駅です。

ですので、この駅ではのぼりとくだりの列車を同時に見ることができるんです。国吉駅は商店街にも面しておりますし、いすみ市民の感覚では国吉駅は大きな駅という感覚です。大都市から来られたらとても可愛いサイズでしょうけども。

国吉駅の注連縄

さて、そんな国吉駅からすぐ近くに、ありがたいことにい鉄ブックス事務局のオフィスを開設することができました。

国吉駅の目の前には苅谷商店街が広がっているんですが、その中の空き店舗をこの度活用させていただくことになりました。

事務局の看板もできて、い鉄ブックスの事務局の体裁も少しずつできてきている感じです。この事務所で現在数名のスタッフが作業できるようになっています。

なお、現在は寄贈頂いた大量の本の整理や発送などの事務作業に使用しているため、オフィスは一般に公開しているわけではありませんので、その点はご注意ください。将来的には、市民の皆様にも本に触れて頂けるような場所が作れたらいいなあとは思っています。今は本に触れたい方は、星空の小さな図書館の方にお越しください。

少しずつですが、い鉄ブックス事業の基礎を充実させていき、より地域に貢献できるような体制を築いていけたらと考えております。

タイトルとURLをコピーしました